陸上自衛隊の主要車両を解説!戦車・装甲車・水陸両用車の性能とは?

「戦争映画」は、ただ国同士が争う映画ではない。

迫力ある戦闘シーンだけでなく、涙なしには語れない数々の人間ドラマがある。

数ある戦争映画の中でも、今回は実話を元にしたエピソードのみを厳選して紹介する。

一度は見ておきたい実話の戦争映画5選!

陸上自衛隊には戦車をはじめ、装甲車・装輪車・水陸両用車など、用途や作戦によってさまざまな車両が配備されている。

有事において厳しい状況下でも対応できるように、その種類は多種多様にわたる。

毎年夏に行なわれる「富士総合火力演習」では、戦車や装甲車など実際の射撃を目にすることができる。

特に、10式戦車は世界最高レベルを目指して開発された最新鋭戦車で、その性能は海外からも好評である。

今回は、陸上自衛隊が保有している3種類の戦車や最新戦闘車、水陸両用車について解説していこう。

しまかぜ

陸上自衛隊のカッコいい戦車や装甲車の迫力ある動画もあるよ!

スポンサードリンク

74式戦車

74式戦車は第二次世界大戦後、2番目の国産戦車で1965年から開発が始められ、74年から89年までに873両が生産された。

全長9.4m 重量は38トンで陸自の戦車の中では最も軽いものの、最高速度は一番遅く53kmである。

国産独自の技術により車体を前後左右に傾けることができる。

この技術のおかげで、日本のように山間部が多い地形でも車体を地形に合わせて傾斜させることで、水平に保ちつつ敵を待ち伏せすることができる。

また、前面の装甲は190mmという厚さで防御力も高い戦車である。

現在も現役で活躍しているものの、さすがに老朽化により随時10式戦車にかわりつつある。

自動化がまだ進んでいない時代の戦車のため、乗員は他の戦車よりも1名多い4人で運用している。

最新の10式戦車のように電子機器や高度なシステムを搭載しておらずアナログな戦車であるが、逆に電子的な故障が少ないのがメリットといえる。

スポンサードリンク

90式戦車

90式戦車はその名の通り、1990年に登場し、すでに約30年近くが経過しているが陸自の主力戦車として最前線で活躍している。

90式戦車は1977年に開発を始め、90年に制定された陸上自衛隊の主力戦車である。

全長9.8m、燃料は1,100L搭載、重量50トンであるが、最高速度は70kmと速く、エンジンや乗員数は10式戦車と同じである。

装甲はセラミックを使用した複合装甲、そして高出力のディーゼルエンジンで機動性は高い。

世界初となる自動目標追尾システムを採用したのも90式戦車の特徴である。

冷戦時代の影響もあってか、主に北海道にしか配備されていないが、雪上だろうが砂漠だろうが、どこでも戦える性能をもっている。

7.62mm機関銃を装備しているため、近接戦にも対応でき、普通科連隊などを強力に援護できる。

敵から攻撃される前に、撃破することを目的とし90式戦車は高度な射撃指揮システムを搭載している。

10式戦車と同様に、スラローム走行でも正確な射撃が可能であり、夜間暗視装置や赤外線センサ一を搭載しているので、暗間でも敵を捜索して攻撃することができる。

防御力も高く、戦車砲を食らっても耐えられる装甲だといわれているが、衝撃による人員のへ影響は少なからずあるだろう。

2010年までに341両が完成しているが、10式戦車の登場により徐々に、その数を減らしつつある。

スポンサードリンク

10式戦車

74式戦車の後継として作られたのが10式戦車である。2001年から開発が始まり、2009年に制定された。

全長9.8m、燃料は880L搭載、重量44トンにもかかわらず、8気筒の1200馬力エンジンにより、最高速度は約70kmを出すことができる。

日本の地形や道路事情に合わせて車体はコンパクト化されているが、その装備は最新戦車と変わらない。

特徴は90式戦車よりも6トンも軽量化されているため、機動性に優れており、運動性能だけでなく指揮通信システムも進化している。

装填装置などの自動化により梁員は3名で運用することが可能だ。

広帯域多目的無線機を搭載しており、これは味方部隊からの情報を受信して敵や味方の位置情報などをモニターで確認することができる。

車体には、多くのカメラやセンサーが装備されていて、周囲の状況をモニターで監視することができる。

タッチパネルモニターの情報を元に、射手や車長が操作を行い、高速でスラローム走行しながらでも正確な射撃ができる。

従来の戦車では、バックする場合はハッチから出て目視によって安全を確認する必要があったが、バックモニターのおかげで、車内から後方確認ができるようになったのは隊員にも好評である。

攻撃力だけでなく、防御力の高さも向上しており、装甲は陸自戦車では初となる「モジュラー装甲」が使用されている。

モジュラー装甲とは、脅威度によって装甲の強度をかえることができるものだ。

「戦争映画」は、ただ国同士が争う映画ではない。

迫力ある戦闘シーンだけでなく、涙なしには語れない数々の人間ドラマがある。

数ある戦争映画の中でも、今回は実話を元にしたエピソードのみを厳選して紹介する。

一度は見ておきたい実話の戦争映画5選!