30年で寿命!原子力潜水艦の解体作業。核燃料を取り出す危険な作業
Amazonのオーディオブック 
12万タイトルの本を好きなだけお楽しみいただけます。

・本の1冊分の月額で聴き放題
・料金をメリットが上回る
・いつでも読書できる
・読書量が格段に増え、積読が解消される
・長時間の読書も目が疲れない
・聴くたびに学びを感じる

公式ページはこちらをクリック

原子力潜水艦は「燃料が尽きた時が艦の寿命」との考えで、約30年で退役することが一般的である。

そのため、燃料交換用の取り出し口も存在しない。

深海の水圧、海水の腐食、氷海での航行など、厳しい環境で運用されることから、船体寿命もほぼ同じ期間となる。

そして、寿命がくれば、原子力潜水艦を解体する必要がでてくる。

今回は、なぞに満ちた原子力潜水艦の解体方法と使用済み核燃料の処理方法、また原子炉の保管について解説していこう。

しまかぜ

原子力潜水艦のスクラップを動画でも解説!

スポンサードリンク

高度な技術を要する原子力潜水艦の解体

原子力潜水艦の解体は、その技術的な難易度と環境への影響を考慮すると、非常に高度な技術を必要とする。

初期段階は、潜水艦を適切な解体工場へ移送し、その上で、潜水艦からの核兵器やその他の兵器、そして主要な機器の撤去が行われる。

潜水艦の移送は、これ自体が困難で高度に専門化された作業だ。

船舶の性質上、そのサイズと重量、そして複雑な機器とシステムを考慮しなければならない。

また、海上での事故を避けるために、移送中の安全対策は最優先事項である。

このため、適切なルートを選択し、護衛船や支援船を用いて潜水艦を適切に移送することが求められる。

さらに、潜水艦が解体工場に到着したら、船体は安全に係留され、解体作業が開始される。

次の作業は、潜水艦内部の核兵器やその他の兵器、主要な機器の撤去である。

この作業は、専門的な知識と技術、そして厳格な安全手順を必要とする。

核兵器は特に取り扱いが難しく、それらを適切に無力化し、適切な保管場所へ移送する必要がある。

一方、その他の兵器や主要な機器も同様に、潜水艦から取り出され、それぞれ適切に処理される。

これらの部品は適切に分類され、再利用可能な部品は適切に処理され、不要な部品は安全に廃棄される。

これらの作業は、厳格な安全対策と高度な技術的能力を必要とする。

潜水艦完全ファイル 新装版 (サクラBooks)

潜水艦完全ファイル 新装版 (サクラBooks)

中村秀樹
545円(06/15 17:42時点)
発売日: 2019/09/27
Amazonの情報を掲載しています
スポンサードリンク

使用済み核燃料の処分

そして、原子力潜水艦の心臓部ともいえる核燃料の処分は、最も危険な解体作業となる。

使用済みの核燃料は、その放射性の危険性から、特に注意を払って取り扱うべき物質だ。

その搬出は原子力潜水艦の解体プロセスにおいて極めて重要な段階となる。

各国では、この使用済み核燃料の搬出に対するアプローチが異なる。

アメリカでは、使用済み核燃料の搬出は基地の設備で行われる。

まず、使用済み核燃料は適切な保護措置を講じた上で、冷却プールに格納される。

これにより、燃料が適切に冷却され、放射能が一定のレベルに保たれる。

その後、使用済み燃料は特別な容器に移され、安全に格納される。

この容器は、放射線の漏れを防ぎ、燃料の取り扱いを安全に行うためのものだ。

容器内に格納された使用済み燃料は、その後、一時的な保管場所または最終的な処分場所へと運ばれる。

一方、ロシアでは使用済み核燃料の搬出は主に洋上で行われる。

これは、基地の設備の制限や解体工場の位置など、様々な要因によるものだ。

海上での作業は困難が伴うが、ロシアはその経験と技術を活用して、この作業を成功させている。

同様に、使用済み燃料は適切に冷却され、格納され、最終的に適切な場所へと搬出される。

いずれの国も、使用済み核燃料の搬出は極めて重要な作業と認識し、これを行う際には最大限の注意を払っている。

このプロセスは、高度に訓練された専門家によって行われ、厳格な安全基準に従って実施されることが求められるだろう。

次の段階は潜水艦を浮きドックまたは船台に揚げて原子炉部分を切断する作業だ。

ここでの手順と技術的詳細は、対象となる潜水艦の国籍や設計により大きく異なる。

米国では、原子炉部分のみを切り出し、それを適切に処理する。

これは、原子炉の独立したモジュールを含む独自の設計と、米国の解体工場が持つ高度な技術と設備によるものだ。

専門家たちは、適切な装備を着用し、詳細な手順を遵守しながら原子炉部分を切り出す。

それぞれの操作は細心の注意を払って行われ、途中で放射能が漏れ出す可能性を最小限に抑える。

一方、ロシアは原子炉区画に隣接する2区画を含めて3区画を一体として取り扱う。

これは、ロシアの潜水艦が原子炉部分とそれに密接に関連するシステムが複数の区画に渡って配置されているためだ。

そのため、ロシアの専門家たちは原子炉部分を切り離すだけでなく、それに隣接する2区画も同時に取り扱う。

この作業は非常に繊細で高度な技術を必要とし、手順の遵守と安全確保が最優先事項となる。

両国ともに、潜水艦を解体する過程での安全性を確保するために、その専門知識と経験をフルに活用している。

また、この段階を終えると、次の作業へ移行することが可能となる。

スポンサードリンク

原子力潜水艦の船殻の解体

原子炉部分が適切に取り扱われた後、次のステップは残った船殻の解体だ。

このプロセスは、潜水艦の大部分を占める物理的な構造を対象とするため、そのスケールと労力は絶大である。

原子炉部分を除いた船殻は、造船所の専用カッターにより切断される。

これは、通常、大型のガス切断器や電動切断ツールを用いて行われる。

専門家たちは、船殻を管理可能なサイズのセクションに分割するための計画を綿密に立て、その計画に従って作業を進める。

これは、物理的なスペースの制約や、さらなる解体と再利用のための最適な方法を考慮して行われる。

船殻のセクションが切断されると、スクラップとして鉄やその他の金属は再利用やリサイクルのために適切に処理され再利用されるものもある。

これらの素材は、新たな製品の製造や建設プロジェクトで使用されることが多い。

この過程は、資源の効率的な使用と廃棄物の削減を促進し、解体プロセスの環境への影響を最小限に抑える。

それはまた、この挑戦的なプロジェクトが次の段階へと進む準備が整ったことを示す重要な指標でもある。

最後のステップとなるのは、原子炉部分の保管である。

原子炉部分の保管

これは解体プロセスの中で最も重要な部分の一つで、安全性と長期的な環境影響を考慮しなければならない。

原子炉部分は、切断後、一時的に安全な場所で保管される。

この一時保管期間は、最終処分場所が準備され、適切な保管容器が確保されるまで続く。

米国では、原子炉部分は一時保管後、専用の設備へと移送される。

これは通常、リモート操作の装置を使用した高度に制御されたプロセスだ。

原子炉部分はその後、最終的な処分場所で適切に埋められ、その場所は長期間にわたり監視される。

ロシアでは、最終処分場の位置が未定であるため、原子炉部分は一時保管が延長されることが多い。

これは原子炉部分の放射性を安全に管理し、将来的に適切な処分方法が見つかるまで保管するためのものだ。

この間、原子炉部分は厳格に管理され、その安全性は継続的に監視される。

これらの最終ステップは、原子力潜水艦の解体プロセスの完了を示し、これにより一部の潜水艦は歴史のページから静かに消え去る。

しかし、その遺産は、新しい潜水艦の設計と建設、さらには核廃棄物の適切な処分という形で、この遺産の一部は、新たな技術革新を刺激し、潜水艦の性能と効率を向上させるための新しい方法を模索することを可能するだろう。

次の動画では、アメリカ原子力潜水艦が水中に潜む何かに衝突した事件について解説しよう。

Amazonのオーディオブック 
12万タイトルの本を好きなだけお楽しみいただけます。

・本の1冊分の月額で聴き放題
・料金をメリットが上回る
・いつでも読書できる
・読書量が格段に増え、積読が解消される
・長時間の読書も目が疲れない
・聴くたびに学びを感じる

公式ページはこちらをクリック