イージス艦の性能!高度な防空能力で日本に迫る弾道ミサイルを迎撃せよ!

「戦争映画」は、ただ国同士が争う映画ではない。

迫力ある戦闘シーンだけでなく、涙なしには語れない数々の人間ドラマがある。

数ある戦争映画の中でも、今回は実話を元にしたエピソードのみを厳選して紹介する。

一度は見ておきたい実話の戦争映画5選!

しまかぜ

This article is available in English.
Please scroll below the Japanese article to see the English version.

海上自衛隊やアメリカ海軍が保有する世界最強の艦艇「イージス艦」

日本で建造された最新のイージス艦「まや」の建造費は約1720億円である。

この価格の大部分をしめるのがイージスシステムであり、一般的

な護衛艦とイージス艦の違いはここにある。

今回は、イージス艦が開発された経緯とイージスシステムとはどういうものなのか?

また敵航空機や弾道ミサイルへの対処方法を解説していこう。

しまかぜ

イージス艦の解説が動画で見られるのでお楽しみに♪

スポンサードリンク

イージス艦を保有している国はどこか?

Successful Aegis Combat System Test Brings BMD to JMSDF Fleet

イージス艦とは高度な防空能力と戦闘指揮システムである「イージスシステム」を搭載した艦艇のことである。

現在、イージス艦を保有しているのは、アメリカ海軍、海上自衛隊のほか、韓国、スペイン、ノルウェー、オーストラリアである。

最も多いのがアメリカ海軍で 、海上自衛隊は艤装中のはぐろを合わせると8隻を保有している。

イージスシステムは今らか約60年前の1960年頃にアメリカ海軍で研究、開発されたものである。

JSF on Twitter: "イージス実験艦USSノートン・サウンド(水上機母艦を改造してミサイル実験艦としたもの)… "

当時、ソビエト連邦からの対艦ミサイル飽和攻撃をもっとも恐れていたアメリカ海軍は、目標の捜索、探知、追尾と自分が発射したミサイルを誘導できる「タイフォン・システム」を開発した。

しかし、膨大な経費と研究の難航から1964年に中止となった。

その後、タイフォンシステムに変わる艦隊防空システムの研究が続けられ、1973年に現在のイージス艦が装備している SPY-1(スパイワン)レーダーのテストを陸上施設で開始、翌年には洋上でのテストが行われた。

そして、世界で初となるイージス CG-47 「タイコンデロガ」が 1983年1月に就役した。

1番艦のタイコンデロガを筆頭に、合計 27隻のイージス艦が建造されることとなる。

USS Ticonderoga CG 47 class guided missile cruiser US Navy

しかし、タイコンデロガ級の建造費は高く、さらに隻数を増やすことが困難と考えられ、アメリカ海軍は新型イージスの計画を始める。

「イージス II」と呼ばれた新型イージスの1番艦が DDG-51 「アーレイバーク」である。

1991年7月に就役したアーレイバークを皮切りに アメリカ海軍は世界最多のイージス艦保有国でもある。

US Navy awards $9 billion in contracts for 10 Arleigh Burke class ships

アーレイバークはフライトI、フライトII、フライト IIA、フライト III といった4種類のタイプに分類される。

違いを簡単に説明すると次のようになる。

フライトI: タイコンデロガ級イージスシステムを受け継ぎ、当初からイージス艦として計画された。

フライト II: フライトIから電子戦能力の向上が図られているが現在はフライトIも改修されている。

フライト IIA :沿岸域への作戦や対潜戦に対応するため2機のヘリを搭載できる格納庫が設けられている。

フライトIII:弾道ミサイル対処や対空戦能力向上のため SPY-I レーダーが SPY-6(スパイシックス)に変更されている。

そして、どのタイプのイージス艦にも必ず装備されているのがSPY-1レーダーだ。

スポンサードリンク

SPY-1レーダーとイージスシステムの驚くべき性能

画像ギャラリー | 海自イージス艦こんごう型、あたご型、まや型どう違う? 似ていても異なる仕様の背景 | 乗りものニュース

遠距離で航空機やミサイルなどの目標を探知、追尾する場合、必要なのがレーダーだ。

レーダーは電波を送信して目標に当たって跳ね返ってくることで、方位と距離を知ることができる。

通常レーダーといえば回転しながら目標を探知するタイプであるが、イージス艦に装備されているSPY-1フェーズド・アレイ・レーダーは回転せずに、常に 360°

どの方向からくる敵も探知することができる。

つまり、天頂を含め死角がないレーダーといえる。

SPYレーダーの探知距離や捕捉目標数は明らかにされていないが、500km以上遠くの目標でも探知できる能力があるといわれている。

SPYレーダーの周波数はランダムに変更されるため、敵が妨害をかけてきても自動で周波数が切り替わり追尾を継続できる。

ここで、イージス艦による対空戦の概要を解説しよう。

イージスシステムの一部であるSPYレーダーは多数の目標を同時に探知追尾し、システムが自動で敵味方を識別、ミサイルなど脅威の高い目標の場合、迎撃順位を決め、人間が判断する時間がない場合、自動で対空ミサイルSM-2を発射。

発射されたSM-2はSPYレーダーにより目標の位置をアップデートされながら迎撃位置まで誘導される。

迎撃直前にイルミネーターと呼ばれる目標照射レーダーに追尾が切り替わるため、SPYレーダーは多数の目標を同時に対処することができる。SM-2の射程は 160 キロ程度といわれるが、さらに遠距離まで飛ぶ種類もある。

イージスシステムの画期的なところは、眼となるSPYレーダーと武器が統合されており、突然の攻撃で人間の判断や思考が間に合わない場合、目標の探知から迎撃まですべてシステムが判断し戦闘を行ってくれる点である。

これが通常の艦艇とイージス艦との大きな違いである。

スポンサードリンク

イージス艦の任務 BMD(弾道ミサイル防衛)

SPYレーダーは弾道ミサイルを探知し、それを迎撃するためのSM-3を誘導する能力も備えている。

北朝鮮の弾道ミサイルを撃墜せよ!BMDの任務を与えられたイージス艦近年、北朝鮮が人工衛星と称する弾道ミサイルの実験を繰り替えしている。

その脅威から日本を守るため、イージス艦は弾道ミサイル防衛(BMD)の任務も任せられている。

BMDとは Ballistic Missile Defense(バリスティック、ミサイル、ディフェンス)の略で弾道ミサイル防衛のことをいう。

Here's How The World's Most Advanced Missile System Shoots Down A Target - Business Insider

SPYレーダーは大気圏外を飛翔する弾道ミサイルを探知する能力も備えており、世界でBMD能力があるのはアメリカ海軍と海上自衛隊のイージス艦だけである。

では、弾道ミサイルを撃墜するまでの流れを解説しよう。

弾道ミサイルが発射される兆候がある場合、イージス艦は所定の作戦海域に展開する。

北朝鮮から発射された弾道ミサイルは、航空自衛隊のレーダーが探知し、その位置情報をイージス艦に送信する。

その情報を元にSPYレーダーが捜索を開始し、探知後は追尾を行う。

弾道ミサイルが加速を終えた時点で、イージスシステムが落下地点の計算を開始する。

迎撃の最適な発射タイミングになるとSM-3を発射SM-3は分離しながら弾道ミサイルに向かっていき、最終段階でSPYレーダーの誘導は終了する。

迎撃までは赤外線センサーによる追尾に切り変わり、位置を修正しながら直撃して破壊する。

U.S. Missile Defense Agency awards Raytheon $1 billion SM-3 Block IIA Contract - Naval News

SM-3は高度 100キロ以上の大気圏外を飛翔する弾道ミサイルを撃墜する能力があり、40回以上の迎撃テストでは 80%以上の確率で迎撃に成功している。

イージス艦1隻で日本のほとんどの領土を弾道ミサイルから守ることができる能力を備えている。

イージス艦の能力まとめ

今回はイージスシステムとSM-2, またBMD任務について解説した。

これらの機能はイージス艦だけがもっている能力で他の艦艇にはないが、この他にも優れた能力を持っているのは言うまでもない。

日本の周辺国では、弾道ミサイルの開発が進み、保有数も増加の傾向にある。

また、中国の対艦ミサイルも高速化、長射程化がすすみ、脅威が高くなっているのは間違いない。

こうしたミサイルに対処できるのはイージスシステムを搭載したイージス艦だけであるといっても過言ではない。

最後に、海上自衛隊の艦艇や航空機が 365日一日も休むことなく、南西諸島の領海侵犯や弾道ミサイルから日本を守っていることも忘れてはならない。

The SM-3 Missile on Aegis Ship Kongo, Atago and Maya protects Japan!

The world’s strongest ship, the Aegis ship, is owned by the Japanese Maritime Self-Defense Force and the US Navy.

The construction cost of the latest Aegis ship “Maya”, built in Japan, is roughly 172 billion yen.

The Aegis system accounts for most of this price, and this is the difference between a typical escort ship and an Aegis ship.

In this video, I will explain how was the Aegis ship was developed and what the Aegis system is.

I will also explain how they deal with enemy aircraft and ballistic missiles.

Which country owns Aegis ships?

An Aegis ship is a ship equipped with an advanced air defense capability and a battle command system, called the “Aegis System.”

Currently, Aegis ships are owned by the US Navy, the Japanese Maritime Self-Defense Force, South Korea, Spain, Norway, and Australia.

US Navy and the Maritime Self-Defense Force owns the most Aegis ships, with eight ships in their fleet including the Haguro, which is awaiting deployment.

The Aegis system was researched and developed by the US Navy around 1960, about 60 years ago.

At the time, the U.S. Navy, most afraid of anti-ship missile saturation attacks from the Soviet Union, developed the “Typhon System” that could guide targets, detect, track, and guide missiles launched by them.

However, it was cancelled in 1964 due to huge costs and difficulty in its research.

After that, research on the fleet air defense system to replace the Typhon system continued, and in 1973, they started testing the SPY-1 radar-equipped on the current Aegis ship at a land facility, and the following year at sea.

And the world’s first Aegis CG-47 “Ticonderoga” was commissioned in January 1983.

A total of 27 Aegis ships have been built, after the construction of the first ship, Ticonderoga.

However, as the construction cost of the Ticonderoga-class is high and it is considered difficult to increase the number of ships, the US Navy began to plan a new Aegis class.

The first ship of the new Aegis called “Aegis II” is the DDG-51 “Arleigh Burke”.

Starting with the Arleigh Burke, which was commissioned in July 1991, the United States became the country with the largest number of Aegis ships in the world.

The Arleigh Burke-class is divided into four types: Flight I, Flight II, Flight IIA, and Flight III.

The difference is as explained as follows.

Flight I: Inheriting the Ticonderoga-class Aegis system, it was planned to be an Aegis ship from the beginning.

Flight II: Electronic warfare capabilities have been improved from Flight I, but Flight I is currently being refurbished.

Flight IIA: There is a hangar that can carry two helicopters for coastal operations and anti-submarine warfare.

Flight III: Her SPY-I radar has been changed to her SPY-6 (Spy Six) to deal with ballistic missiles and improve anti-air warfare capabilities.

And the SPY-1 radar is always equipped on all types of Aegis ships.

Amazing performance of the SPY-1 radar and the Aegis system

Radar is needed to detect and track targets such as aircraft and missiles over long distances.

Radar can detect the direction and distance by transmitting radio waves and hitting the target and bouncing back.

Normally, radar detects a target whilst rotating, but the SPY-1 phased array radar that is equipped on the Aegis ship does not rotate and always detects at a 360° angle.

Which means it can detect enemies coming from any direction.

In other words, it can be said that it is a radar with no blind spot.

The detection range and the number of targets that can be detected by the SPY radar have not been disclosed, but it is said that it can detect targets as far as 500km or more.

Since the frequency of the SPY radar is changed randomly, detection can be continued even if the enemy interferes with its frequencies.

Now, I will explain the outline of the anti-air warfare by the Aegis ships.

The SPY radar, which is part of the Aegis system, detects and tracks a large number of targets at the same time, and the system automatically identifies enemies and allies and automatically launches the SM-2 anti-aircraft missile.

The launched SM-2 is guided to the interception position while the target position is being updated by the SPY radar.

Since the tracking is switched to the target irradiation radar called the illuminator just before the interception, the SPY radar can deal with many targets at the same time. The range of the SM-2 is said to be about 160km, but some types fly farther.

The ground-breaking part of the Aegis system is that the SPY radar, that act as the eyes, and the weapons are integrated, and if a sudden attack makes human judgment difficult, the system will judge everything from target detection to interception and engagement.

There are also multiple differences between a normal ship and an Aegis ship.

The mission of the Aegis Ship: BMD

The SPY radar also can detect ballistic missiles and guide the SM-3 to intercept them.

Shoot down North Korean ballistic missiles! Aegis warships tasked with BMD. In recent years, North Korea has been experimenting with ballistic missiles saying to the world that they are satellites.

To protect Japan from this threat, Aegis ships are also tasked with BMD.

BMD is an abbreviation for Ballistic Missile Defense.

The SPY radar is also capable of detecting ballistic missiles flying outside the atmosphere, and only the US Navy and the Japanese Maritime Self-Defense Force’s Aegis ships have BMD capabilities.

I will now explain the process of shooting down a ballistic missile.

If there are signs that a ballistic missile will be launched, the Aegis ship will deploy to the designated operational area.

Ballistic missiles launched from North Korea are detected by the Japanese Air Self-Defense Force’s radar and their location information is transmitted to the Aegis ship.

Based on that information, the SPY radar will start searching, and after detection, it will track it.

When the ballistic missile finishes accelerating, the Aegis system begins calculating the drop point.

At the optimal launch timing for the interception, the SM-3 is launched. The SM-3 separates and heads toward the ballistic missile, ending the SPY radar guidance at the final stage.

For interception, it switches to tracking with an infrared sensor, and while correcting the position, it hits directly and destroys it.

The SM-3 is capable of shooting down ballistic missiles flying outside the atmosphere at altitudes above 100km and has an 80% or greater chance of successfully intercepting more than 40 interception tests.

A single Aegis ship has the ability to protect most of Japan’s territory from ballistic missiles.

Summary of Aegis Ship Capabilities

In this video, I explained the Aegis system, SM-2, and BMD mission.

These functions are the abilities that only Aegis ships have and other ships do not have, but they have other excellent abilities.

In the countries surrounding Japan, the development of ballistic missiles is progressing, and the number of possessions is on the rise.

In addition, China’s anti-ship missiles are undoubtedly becoming more threatening as they become faster and have a longer range.

It is no exaggeration to say that only Aegis ships equipped with the Aegis system can handle such missiles.

Finally, it should be remembered that the Maritime Self-Defense Force’s ships and aircraft are the Nansei Islands from territorial invasions and protecting Japan from ballistic missiles without rest, for 365 days every year.

「戦争映画」は、ただ国同士が争う映画ではない。

迫力ある戦闘シーンだけでなく、涙なしには語れない数々の人間ドラマがある。

数ある戦争映画の中でも、今回は実話を元にしたエピソードのみを厳選して紹介する。

一度は見ておきたい実話の戦争映画5選!