航空自衛隊【F-3】戦闘機の実力とは?F-35との違いと中国J-31との比較!

「戦争映画」は、ただ国同士が争う映画ではない。

迫力ある戦闘シーンだけでなく、涙なしには語れない数々の人間ドラマがある。

数ある戦争映画の中でも、今回は実話を元にしたエピソードのみを厳選して紹介する。

一度は見ておきたい実話の戦争映画5選!

航空自衛隊の次期戦闘機であるF-3。

アメリカ空軍の第5世代ステルス戦闘機であるF-22とF-35をベースとしたハイブリッド機と言われ、その性能も期待されていた。

しかし、米ロッキードマーチン社が、その提案を断っていたことが発覚した。

日本主導の新型機開発であるF-3は、防衛省や国内航空産業の能力を踏まえれば独自開発は難しいとされている。

つまり、アメリカとの共同開発をせざるを得ない状況なのである。

完成すればF-22ステルス機を超えるとも言われるF-3であるが、実際の開発はどのように進んでいるのであろうか?

今回は、航空自衛隊の次世代戦闘機F-3の開発とF-35との違い、また中国の最新鋭戦闘機との比較について解説していこう。

しまかぜ

航空自衛隊【F-3】戦闘機の解説を動画でも見られるので、最後まで楽しんでね!

スポンサードリンク

航空自衛隊「F-3」とはどのような航空機か?

自衛隊の次期戦闘機であるF-3は現在配備されているF-2戦闘機の後継機種である。

国産の機体をベースにアメリカ、ヨーロッパとの共同開発案があり、配備されるのは、おそらく茨城県百里基地、福岡県の築城(ついき)基地になるではないだろうか。

F-2戦闘機が退役をはじめる、2030年代には配備が始まる予定で、調達価格は国産でも1機、百億円以上はするとされている。

調達機数は、F-2戦闘機の配備機数から考えて120機程度だと予想される。

F-3に求められる能力は空中戦、ドッグファイトはもちろん、近接航空支援、対地攻撃、対艦攻撃が主任務となるだろう。

現在の設計予想図はステルス性を考慮した双発の機体になっている。

石川島播磨重工業は、現在もエンジンの能力改修とテストを行っており、研究中のXF5(ファイブ)を改良した、小直径でありながら大出力を出せるXF9(ナイン)エンジンを搭載するのは可能性が高いと思われる。

しかし、XF9エンジンは試作型が1基あるのみで、実際の戦闘機にも装備されていないため、その実力は未知数である。

機体は三菱重工業がプライムメーカーになり、機体はATD-X、通称、心神(しんしん)にて、各種先進技術のテストフライトを終えていて、その技術が採用される事だろう。

また、現在話題のスタンドオフ能力のミサイルも搭載されると思われる。

いわゆる第五世代戦闘機以上の能力が付与され、F-22以上の能力を持つ戦闘機になるの可能性もある。

F-3の開発開発はもう始まっていて、おそらくあと5年後ぐらいにはプロトタイプが日本の空を飛ぶと予想される。

日本の技術と海外の技術がどう融合するのかが今後の課題でもある。

では、現在最新鋭の戦闘機であるF-35と、どのような性能の違いがあるのだろうか?

スポンサードリンク

「F-3」と「F-35]の性能の違い

F-35とF-3の違いであるが、兵装をコントロールするアビオニクスコンピュータ、FCS、火器管制システムもF-35とは別物になる。

また、F-35よりもミサイル搭載数を多くするとの考えが示されている。

またF-35はエンジンが単発であるのに対して、F-3は双発エンジンを予定しているのは、単発エンジンはエンジンにトラブルがあれば致命的であるが、双発の場合はエンジンが二つあるので、一基でも飛行可能で生存性、安全性を考慮していると思われる。

もう一つの理由としてはエンジンパワーだ。

爆弾やミサイル、燃料などをフル装備して離陸するとなれば、機体重量が重くなり最大離陸重量を超えるため離陸ができない。

そのためエンジンのパワーが必要になり、F-35よりもミサイルを多く搭載するならエンジン出力がアップされると思われる。

第5世代から当たり前となったステルス戦闘機であるが「自らの存在を秘匿したまま、敵を撃墜する」ステルス性に関しては、エンジンを細くするスリム化により、さらなる進化がF-3には期待できる。

F-35と同じく、敵のレーダーの反射を抑えるため、ミサイルを胴体内に格納するウエポンベイはすでに完成の域に達している。

またF-3はF-35より滞空時間と戦闘行動半径が大きい事が求められる。

F-2戦闘機の行動半径が4000キロである事からそれ以上の能力が求められる。

そのため、エンジンのパワーは上げつつ省エネ対策にするなど、さらにエコロジーかつパワフルなエンジンが搭載されるだろう。

では、中国の最新鋭戦闘機の実力はどの程度のものなのだろうか?

スポンサードリンク

海外の新型戦闘機と比較

中国の最新鋭戦闘機J-31

中国名は殲(せん)31と呼ばれ、見た目はF-35に酷似している。

実際にアメリカ国防総省からF-35のデータがハッキングされ盗まれた事実もある。

その事からJ-31戦闘機はF-35のパクリだといわれているが、ステルス性について真偽のほどは不明である。

エンジンも中国の国産という事でスペックは不明で、その前のJ-20戦闘機もステルス戦闘機をうたっている割には、機体にカナード翼(

よく)がついており、物理的にステルス性はないと分析されている。

エンジンも黒い黒煙を吐きながら飛行する姿から、F-3戦闘機の方が優秀であるのは間違いないだろう。

中国のエンジンはロシアからのエンジン技術をもとに国産化されている。

元のロシアのエンジンは耐久性に欠けるなどの欠点があるといわれているので、エンジン開発のノウハウでも日本が有利だと言える。

海上自衛隊の哨戒機P-1やブルーインパルスで使用されているエンジンも国産であり、その性能が実証されている事は大きなアドバンテージだと言えるだろう。

次に世界最強とされるアメリカ空軍のF-22戦闘機ラプターを見てみよう。

F-3の機体設計とスタイルに近いのはF-22戦闘機と言えるだろう。

F-22戦闘機はエンジンが双発の第五世代戦闘機の代表で、アメリカ空軍のみが保有するステルス戦闘機である。

しかし、生産数が少ないことから、整備費用の金額が高くランニングコスト等の問題からすでに生産は終了している。

F-22が1時間飛行するのにかかる費用は36455ドルとされており、日本円で400万円近い費用がかかる。

そのかわりにアメリカ空軍ではF-15の最新バージョンサイレントイーグルの導入を決めている。

F-3はF-22戦闘機と採用を巡り、争ったノースフラップグラマン社のYF-23戦闘機のデザインを採用するのではないかという話もある。

F-22に採用されているエンジンノズルの排気を航空機の運動に変換させ機動性を上げる可変ノズルはがF-3にも採用される可能性もあるそうだ。

またF-3のエンジン出力はF-22より大きいとされ、アメリカが、どの程度F-3開発プロジェクトに係るのかが気になるところである。

まとめ

現在、日本を取り巻く国際情勢は極めて不安定で、特に海洋進出を進める軍事力を誇示する中国は要注意が必要であり、我が国の防衛力強化は必要な課題である。

現在、F-4EJ改、ファントムの退役で戦闘機の機数が少なくなっている。

F-35の配備も進んではいるが、F-15の初期型の退役もせまり、現在日本の航空戦力強化は、まったなしの状態だ。

F-2戦闘機の退役が2030年頃を考えると予定通りのスケジュールで、F-3の開発を完了させないと大きな防空の穴が日本に空いてしまい、防衛力の低下を招く。

我々の安全な日常に、空の守りは不可欠である事を国民に理解されれば、F-3の開発は順調に進むのではないだろうか。

また航空機を作るという事は技術の発展、継承に繋がり、様々な工業技術に生かされる。

例えばチタンのボルトは骨折した際に使用され、そして釣り竿やゴルフクラブなどの炭素繊維の技術は航空機の開発技術からきたものである。

F-3戦闘機が日本の翼として1日も早く飛行する日を願っている。

「戦争映画」は、ただ国同士が争う映画ではない。

迫力ある戦闘シーンだけでなく、涙なしには語れない数々の人間ドラマがある。

数ある戦争映画の中でも、今回は実話を元にしたエピソードのみを厳選して紹介する。

一度は見ておきたい実話の戦争映画5選!