ワールドミリタリー情報

世界の軍事情報を知りたい方へ

「Other-その他-」の記事一覧

【太平洋戦争末期】人間爆弾と呼ばれ「特攻兵器」にされた若者たち。

彼らの任務は、まさに自らの生命を捧げ、自身を爆弾として使うことで、戦局を一変させようとするものだった。 それが、太平洋戦争末期に開発された「特攻兵器」である。 なぜ日本は特攻兵器を開発したのか? なぜこの作戦を止めること […]

原子爆弾リトルボーイとファットマンの違い仕組み。広島、長崎の次の都市は〇〇だった。

これは、1945年8月に長崎に投下された原子爆弾の実際の映像である。 今回、謎に迫るのは、広島に落とされたリトルボーイ、長崎のファットマンに続く、第三の原子爆弾が実在したか否かだ。 その真相は歴史の闇に包まれているが、1 […]

北朝鮮脱北者の危険な脱北方法!失敗したら死を選択。絶望と希望が交差する境界地帯

北朝鮮の「脱北者たち」、彼らは一体どのような方法で国から抜け出し、生活しているのだろうか? もし、脱北に失敗した場合どのような厳しい罰を受けるのだろうか? 違法なルートを通じて中国に到達し、厳格な国境警備を突破することを […]

なぜワグネルは反乱を起こした?消えたプリコジンの目撃情報と今後のワグネル

民間軍事会社ワグネルの代表、プリゴジン氏が武装部隊をモスクワに送り込んだ。 内乱の火花を燃やした後、彼は部隊を引き上げ、その後の情報は断絶したものの、現在彼は隣国ベラルーシにいると噂されている。 プリゴジン氏とベラルーシ […]

各国がレーザー兵器を実用化!その威力と仕組みとは?中国は歩兵用レーザー銃も開発か?

人類は100年以上にわたり、機関銃や機関砲などの実弾を武器としてきた。 しかし、近年SF映画やアニメに頻繁に登場するレーザー兵器の開発を各国は進めている。 実際のレーザー兵器は視覚で確認することはできない。 レーザー兵器 […]

国民全員870万人が避難できるスイスの核シェルターの仕組みと日本の比較

「114%と0.02%」 この数字はスイスと日本の核シェルターの普及率を表している。 ウクライナにおける核兵器の使用がもたらす結果について、戦術的な核兵器であろうとも「必然的に」スイスやヨーロッパ全土に影響を及ぼすと推測 […]

世界各国が開発中のレーザー、レールガン、新型ミサイル、最新兵器まとめ。

各国で進められる新兵器開発。 これらの技術がいかに進化し、その高度な能力が国際的な戦略にどのような影響を及ぼすのか? 戦争の未来をリードする兵器たちの知られざる一面について、今回はアメリカと中国のレーザー兵器、そしてロシ […]

自衛隊のレーザー兵器実用化と弱点!三菱・川崎重工が開発中のレーザーとは?

三菱重工は、1.2キロ先のドローンを迎撃できるという実物のレーザー兵器を公開した。 近年、ドローン技術の急速な発展により、無人航空機が軍事分野や民間分野で幅広く活用されるようになっている。 この急速な普及に伴い、国家の防 […]

巡航ミサイルと弾道ミサイルの違い。極超音速ミサイルの恐るべき脅威とは?

弾道ミサイルの主な目的は、核戦争に備えた威嚇力と攻撃能力の維持である。 核兵器の配備に適したミサイルという特徴から、高速で目標に到達し敵国の防衛システムを突破して大量破壊兵器を着弾させることができる。 このため、弾道ミサ […]

中国の砂漠で空自・米軍の模型を発見!中国軍が新たな兵器システムを開発!

中国がウイグル自治区の砂漠地帯に航空自衛隊の機体を模擬した目標を設置してミサイルで破壊する訓練を行ったことが衛星画像から判明した。 それだけではなく、アメリカ海軍の空母と同じサイズの標的も設置し、砂漠にはレールのようなも […]